スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャドウ オブ メモリーズ 

『シャドウ オブ メモリーズ』  (PS2/アドベンチャー)

何をしても死ぬ運命にある主人公。
ある日、“ホムンクルス”という謎の人物から「運命を変えたいなら…」と時間を超えるアイテムを手に入れる。
過去と現在を行き来し、「死」を回避するためにあらゆる手を尽くす。果たして、彼は「死の運命」から逃れることが出来るのだろうか…。


全10章。
各章の最初で必ず主人公は死んでしまいます。
その都度、過去や現在を探索して死を防ぐ努力をします。
アイテムを所持したり、歴史を変えたり。

今、第5章まで終了したところ。
各章はかなり短いです。
最初は刺されてばかりだったのが、毒殺、事故とパターンが変化してきました。
アドベンチャーなので謎解きの行動のみはいいけど、ムービーを見てる方が多いですねぇ。
各章で必要な家にしか入れない、とかヒント出しまくりで難易度はかなり低くなってます。
そこがちょっと物足りなくて残念。

でも、ストーリーの結末はかなり気になってきました。
このゲームはどうやらマルチエンディングらしい。
すべてのエンディングを見てこそ、真の結末がわかるとか。
一体エンディングはいくつあるのか?

登場人物は限られてます。
話しかけても関係ないようなことを言ってることが多いけれど、たぶん今後の伏線となってるのかも。
それとも単なるサイドストーリーなのか。

“ホムンクルス”と主人公の関係は?
主人公はなぜ執拗に狙われるのか?
犯人は誰なのか?
主人公の生い立ちに関係があるのか?
過去の人物とどうつながってくるのか?

ちょっと楽しみになってきました。


あと、パッケージのイラストはずっと女性だと思ってたけど、ホムンクルス♂でした。
Shadow of Memories
PS2『Shadow of Memories』 (2001 コナミ)
スポンサーサイト

シャドウ オブ メモリーズ (2) 

1周めクリア。
エンディングの種類はA~Eの5パターンあるようです。
今回の結果はコチラ↓

エンディング … D

<達成度>
プロローグ … 22%
チャプター1 … 41%
  〃   2 … 75%
  〃   3 … 54%
  〃   4 … 44%
  〃   5 … 52%
  〃   6 … 48%
  〃   7 … 55%
  〃   8 … 32%
エピローグ … 17%

TOTAL … 43%


各チャプターで時間制限があるだけに100%にするのはかなり大変そう。

犯人は誰か?
主人公が殺されなければならない理由は?
ホムンクルスとは?
などの基本的な謎は解けました。

のだが。
謎はまだ謎を呼ぶ…。
曖昧な部分がいくつか。
これだけわかればいいやって思えばそれで終われるけど、やっぱり疑問に思う部分が残ってるだけにそこが知りたくなってくる。
あそこがああ変わっていたらどうなったんだろう?とか。
ラストのアレはどう現代につながってくるの?とか。
アレはアレなの!?とか。
アレがああなったからアレはアレになったの?とか。
アレがああならなかったらアレはアレにならずにアレがアレになってた?とか。
アレがアレでアレもアレでアレとアレはアレとつながっていてアレのアレがアレレレレ?

とりあえず、2周めは会話の選択肢を変えてみよう。

PS2『Shadow of Memories』 (2001 コナミ)

未来は私の過去となる 

『シャドウ オブ メモリーズ』すべてのエンディングをクリア。
2周めまでは自力でクリアしましたが、エンディング制覇のために3周めからは攻略を見ながら。
なんと言っても音楽がとてもいい。
街並みといい雰囲気はいい具合にミステリー。

エンディング自体はABCDEとEXTRAの6通り。
だけど、直前のエピローグは9通りあります。
それらすべてを見てやっといろいろな謎が解けてきます。


エンディング ↓ どんなストーリーだったのか、想像してください(ややネタバレ注意)

*A エンディング
これで 俺の奇妙な体験は終わった


*B エンディング 
全てが終わった しかし…

何か物足りない

そんな思いが 俺の中に残った


*C エンディング
もう一度 もう一度だけ 
やりなおせるものなら……


*D エンディング
俺は一体 何を成したのだろう?

俺は どこから来て 
そして どこへ行くのだろう?

永遠とは いったい 
どれほどの長さなのだろう?

俺は 一体誰なのだろう……?


*E エンディング
これから 俺はどんな人生を送るのだろうか…

まだわからない だけど それでいい

未来は 俺たちが これから作っていくのだ…


*EXTRA エンディング
俺の記憶に残っている人たち…

あの 過去の時間に暮らす人たちは
その後 どうなったのだろう

今となっては もう 知る術もない…

しかし皆 幸福に人生を送ったのだと信じよう

そして俺自身 これから
また自分の人生を始めるのだ

悔いのないように



シナリオ達成度 → 76%
すべてのエンディングは見れて、エピローグだけは100%達成。
すべてのイベントをこなしてシナリオ100%にするためにはあと少し。
次にやる機会があれば、その時には…。

最初に発表された時のタイトルは『ワルプルギスの昼と夜』だったようです。
「ファウスト」をよく知っていればかなりそそられるタイトルかも。
でも、やはり『シャドウ オブ メモリーズ』のが雰囲気的にはしっくりきますね。


“未来は私の過去となる”


★★★★☆
PS2『Shadow of Memories』 (2001 コナミ)

九龍城へようこそ… 

積みゲー崩し第2弾。
 クーロンズ・ゲート -九龍風水傳- 

陰界にあるべきはずの「九龍城」が陽界に出現。
陰と陽が不用意に交われば…。
風水のない陰界に四神獣を「見立て」るために
一人の風水師が送り込まれた。



発売日からすでに10年。
購入してからほぼ5年。
…積みすぎ(´ω`;)
あの「セカンドライフ」にもクーロンズ・ゲート出現ってことで。
満を持して(どこが?)
そろそろ九龍へ出かけることにします。



しかし。
オープニングの曲はかなり強烈ですね。
…テイィーバラバラバルバラバレバレボロボロハーラライィィィーーー!!!
みたいな。
なんて言ってるのかさっぱりわかりませんが。
一度聞くと強烈に耳に残ります。
この曲だけですでにクーロンズワールドへグイグイと惹きこまれて…ああ…恐ろしい…。

陰陽マーク

龍城路→九龍フロント 

陰界へ。
送り出された先は「龍城路」。
最初のクエストは「鏡屋救出」
気脈を正す「八卦鏡」の歪みを直しに胡同(フートン)へ入ったまま戻ってこないらしい。
いきなり感はあるものの、胡同・重慶花園(チョンキンガーデン)へGO!

最初はよくわからず2度ほど死亡。
死亡した時、何になったっけな?
すでに何を選んだのか忘れてるし、何になったのかも忘れてる…。
冷蔵庫か?冷蔵庫なんてあったっけ?

鬼律(グイリー)を倒して得たカギでドアを開けるとそこに鏡屋発見。
鏡屋から鬼律退治に必要な武器七宝刀をもらい、無事に救出。

龍城路へ戻ると、様子を見てきてほしいと頼まれ今度は「九龍フロント」へ。
とりあえず話しを聞きがてら街を探索する。
「海鮮中心」とか「電脳中心」とか「頭髪中心」とか。
頭髪中心は頭髪だけにカツラのお店のようです。

「双子中心」は双子を集めて何やらしている様子?
実に怪しい。怪しすぎるキモすぎる。

そんなこんなでようやく小黒(シャオヘイ)と初見。
まずはクーロネットにアクセスできる本物の「アクセスカード」を見つけなくちゃ。
どこかに落ちてる…のかな?




しっかし、なんともシュールな世界ですよ。



『 クーロンズ・ゲート 』 PS (1997)

双子中心 

夢の中に俺とそっくりな顔の兄貴が現れるんだ
そして言うんだよ
自分を救い出してくれって
俺って双子なのか?
ほんとに兄貴なんているのかい?



「電脳中心」建物にようやく入ることができた。
中は1Fが「遊戯中心」でゲームセンターのようだ。
2Fが「電脳中心」で、まだ行けない。
そこで本物の「アクセスカード」を入手。
というか、誰かが落としていったカードをくすねたわけで。

そのカードを使って双子屋に登録。
これでクーロネットにアクセス可能になった。

この街を牛耳っているのは蛇老講(ジャロウコウ)、通称スネーク。
双子屋、双子中心を運営している秘密結社。
双子の力を集めて龍を目覚めさせ、不老不死の奇跡を起こそうとしている。
らしい。

双子屋に登録したことで「おはじめ式」に参加できるらしい。
鳴力(ミンリー)の勉強ができるということだけど…。

まずはクーロネットにアクセスして「リゾーム」を覗いてみよう。
リゾームとは双子会員たちのチャットの場のようである。
何がでてくるのか?
鳴力って…何だ?



クーロンズゲート、遅々です。遅々。
街を探索中のかすかに聞こえる音楽がものすっごく眠りを誘うのです。
MYSTシリーズの時もあの音楽で本当によく眠れたものである。
それと同じ。子守唄に聞こえてしまうのである。
睡眠不足にはつらい…のである。



『 クーロンズ・ゲート 』 PS (1997)

鍵穴男 

※注意:キモキモ画像ありんす※

<妄人(ワンニン)>
ある“物”のことばかり考え、そのうちその妄想から抜け出せなくなる。
それが妄人
妄人は妄想を続けてないと、本当の“物”になってしまう。
妄人になるともう二度と人間には戻れない。
それどころか、自分は物なんだ、ってずっと妄想し続けなきゃいけない。
でないとあっという間に物になってしまう。


鍵穴のことばかり考えてるうちに、鍵穴になってしまった妄人。
鍵穴男 ↓
鍵穴男
部屋を覗き見するのが大好きだったんだ。
だけど、実際鍵穴になってしまうと
これからは…何を覗けばいいんだろ…


でもね、鍵穴男はね、
開かない扉を開けてくれるいい奴なんです。
もう、一生鍵穴から覗けないんだね。
だって自分が鍵穴だもんね。
哀れな鍵穴男…。


『 クーロンズ・ゲート 』 PS (1997)

ハニー・レディ登場  

龍城路の胡同4ヶ所全てで八卦鏡の歪みを正して、次の龍津路へ来た。
ここも暗く陰鬱な雰囲気の街。
街というより町。
実際にこんな場所に放り出されたらと思うと…
怖ぇ怖ぇ超怖ぇー。

ココでようやく四神獣のひとつ
「白虎」を見立てることになるらしい。

小黒(シャオヘイ)が吸い込まれて消えたという「天堂劇場」へ突入。
ここでのナビ役はハニー・レディ


「お預かり物は?承らないよ。
クロークの営業は終了しました。ふふふふふ…」


Whaooo!クールレデー!
キューティーハニーも真っ青な超過激衣装で登場なされました。
下半身に蜂をまとっております。
セクスィーレデー!


ってことで。
小黒助けに行って来ます(`・ω・´)ゞ


『 クーロンズ・ゲート 』 PS (1997)

聞いてほしい話があるんだ  

ねえ、あんた
僕の話しを聞きたくてここに来たんだろ?


は、誰?
どっかで会ったっけ?
知らないよ…マジで。
で、ここどこ?
何、この異常空間。
どこよ、ここ。
あんたなんてどうでもいいのよ。
どうやって帰るのよ。

どうしたんだい?
ねえ、あんたには何が見えてるんだ?
自分を信じてここにやって来たんだろ?そうだろ?


何も見えてないよ、真っ暗だよ。
知らないよ。
違うよ。
あんたが引き摺りこんだんじゃないの?
ねぇ、どっち行けばいいのよ。
元に戻してよ。
これ…バグ?
もう出れないの?
リセット?これリセット?








っていうか…あんた誰?



『 クーロンズ・ゲート 』 PS (1997)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。