スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おい、あんた、どこにいるんだ 

ゲームの舞台が香港だけあって、どこへ行っても漢字だらけ。
龍城路の胡同(フートン)では重慶花園(チョンキンガーデン)、富善苑(フーシンコート)、庇利路(バイレイロード)に沙角(シャーコック)。
九龍フロントでは電脳中心、双子中心、頭髪中心、海鮮中心…。
大井路では維多利亜大廈(ビクトリアマンション)、遮打苑(チャーターコート)、美羅花園(メトロガーデン)。

胡同(=ダンジョン)内でナビがこう教えてくれる。

「いいか、美羅花園から遮打苑へ入り廊下を抜けて行くんだ。帰りは遮打苑から中庭に通じる階段を使う。中庭を横切り維多利亜大廈の階段を使うんだ」

………(´ω`;)


そんな迷路のような胡同を攻略し終え、次は「1920年の上海・妄想の島」へとタイムマシンに乗ってやって来ました。
妄想の島
<妄想の島>
海に浮かんだ島の感じがMYST(PSソフト)を思わせる。
ここで小黒(シャオヘイ)の謎が解かれる。


「妄人路」…妄想に取り付かれて物になってしまった人間が集まっている場所でこんな妄人出現。
端末男
<端末男>
「端末(コンピューター)使うの気持ちいいよねー。使っていいよー。自分が端末になって不便なのは、自分で使えなくなったことさ」
実際は全身見えるのですが、半分から下…
つまり下半身はZ指定な感じになっておりますので、あえてフレームアウトで。



四神獣のうち白虎、朱雀、玄武の見立ては無事終わった。
残るは、青龍のみ。



☆おまけ☆
チャーリー
<茸売りのチャーリー>
実は手品師。
「イーヒョッヒョッヒョー」の笑い声が特徴。
声優はハ嶋智人さん。

このチャーリーに加えて、陰陽師(青野武)、玄機(千葉繁)の3人が妙なハイテンションで、
特に後半はおもしろすぎます。
全体的に声優陣はみんな妙なテンションです。
妙というか…ちょっとイっちゃってる、そんな感じ。
でもそんな感じがかなりイイ。

『 クーロンズ・ゲート 』 PS (1997)


スポンサーサイト

クーロンズ・ゲート クリア 

突如出現した陰界の九龍城。
陰と陽が不必要に交われば、
調和を崩した世界は急速に破滅へと向かってゆく。
香港最高風水会議の決定により、
超級風水師のは陰界へと送り込まれた。
風水なき陰界に、四神獣を見立て、風水を起こすために…。


九龍城には邪気が蔓延していた。
住民との会話から、この街を牛耳っている者の存在を知る。
蛇老講。風水を封印し不老不死の力を得ようとしている者たち。
そしてその背後にいる妖帝。

各街に渦巻く邪気をひとつずつ退治しながら、四神獣となるべく運命の者を探し出してゆく。
妨害する者の手を逃れつつ、いくつもの時代を行き来し、ようやく白虎、朱雀、玄武の三神獣を見立てることに成功。
残りは一つ、青龍のみ。
邪魔な蛇老講、妖帝をなんとか消し去り、ついに青龍を見立てることに成功した。




と、思っていた。その時は…。

真のラストはエンドロールが終わったあとに。
どうなったのかは言えない。
ここ九龍城で起こったことは決して言ってはいけないんだ。
それが九龍の掟なんだ。


陰陽マーク


九龍城に入ったばかりの序盤は、その街の薄汚さ、陰鬱さに嫌悪感を覚えるほどだった。
崩れた瓦礫、狭い通路、剥き出しの配線。
ネオンだらけの薄汚れた街。
けど、最初の街を出る頃にはもうそれらに惹きつけられていた。
嫌悪が中毒に変わる。
クーロンズゲートはそんなゲーム。
私にとっては。



ファイアの日=霹靂火(へきれきか)
雷のように激しい炎の意。

九龍城へ行こう。
ファイアの日に…待ってるよ。


ARTDINK BEST CHOICE クーロンズ・ゲート-九龍風水傅-ARTDINK BEST CHOICE クーロンズ・ゲート-九龍風水傅-
(1997/02/28)
PlayStation

商品詳細を見る

ぜひキレイな映像でリメイクを、いや続編を。★★★★★
『 クーロンズ・ゲート 』 PS (1997)

リアルリンク いよいよ (ゼルダの伝説トワイライトプリンセス) 

ようやくWiiで『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』を始める。
オープニング、わくわくしてきますねー。

さて、Wiiの操作はどうでしょう?
なんだか酔いそうです。
カメラ視点にまだちょっと慣れません。
ついつい自分でカメラを動かしたくなりますねぇ。
でも、すぐに慣れてしまうでしょう。いつものごとく。

トアル村とトアル牧場を行ったり来たり。
馬のエポナに乗って走りまわったり、困ってる村の人々の手助けをしたり。

草笛を吹くと鷹がやって来るのはちょっーと嬉しかった。
鷹で蜂の巣を落としたけど、あのままでいいのだろうか?

猿からカゴを奪って、釣り竿ゲットして。
魚を釣ってネコを戻して、ビンをゲットして。
牧場から逃げた羊を捕まえて戻して。
あとは何をする?
パチンコがどうのこうのと子供たちが言ってるから手に入れればいいのかな?
まだ話してない村人いたっけかな?

そうそう、犬が抱けた。
抱いたまま家の外へ出ようとしたけど、連れ出せなかった。
べ、別に犬をさらってこうなんて思ってないんだからね!


とりあえず、ちまちまとルピーを貯めてます。
先が楽しみだ。



Wii 『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』  (2006 Nintendo)

ゴロン鉱山へ (トワイライトプリンセス) 

懐かしのハイラル平原。
カカリコ村でエポナと再会し、ハイラル平原を隅々まで駆けめぐる。
蹄の音がイイ!!

カカリコ村は「時のオカリナ」では右側だったのに、トワプリでは左側なのかぁ。
と思ったら、WiiはGC版と左右逆だったと思い出し納得。
そういえばリンクも右ききだ。

エポナの蹄の音もいいけど、宝箱を開ける音もイイ!!
そんなこと言ったらリンクの歩いたり走ったりする音もイイ!!
そしたらアレもソレもアソコもソコも…とキリがない。


そんなことを楽しみつつ現在ゴロン族の「ゴロン鉱山」を攻略中。
ワープおばちゃんと出会ったところ。

ここでいきなりの電池切れ警告頻発。
「リモコンをつなぎなおしてます…」
「電池の残量を確認してください…」
「リモコンをつなぎなおして…」
「電池の残量を…」
が延々と繰り返される。
予備の電池を充電しとくのを忘れたため電池交換できず。
しかたなくココで終了。
せっかくなのでワープおばちゃんを使って外へワープ。
おばちゃん初体験。
前の「森の神殿」では一気に攻略していったので、おばちゃんは使わず終い。
ワープを頼むとおばちゃんの息子が外へ出してくれ、セーブ。
ちなみにワープおばちゃんはおぱちゃんの顔した鳥。
鳥というか、鳥なんだろうけど、顔が人間でちと不気味…。

ということでただ今電池を充電中。
続きは明日。
せっかく楽しかったのにー。残念。
ここまででは一番楽しいダンジョンだ(*゚∀゚)=3



Wii 『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』  (2006 Nintendo)
THE LEGEND OF ZELDA-Twilight Princess-

ニータン、モドリまチュよ! (トワイライトプリンセス) 

ハイリア湖の底にある湖底の神殿
自分がどこから来たのか、どこへ行けばいいのか、結構迷って必要以上にウロウロしてしまった。
今、ボス部屋の前です。
いざボス戦へ!
と行きたいところですが、ここでちょっと中断。
「おばちゃん、ワープお願いね」と頼む。
ワープ親子がいてよかったー。

ワープ始めの場所にワープおばちゃんが残ります。
そしてダンジョンの外へはそのワープ息子が連れてってくれます。
外からおばちゃんのいる場所に戻りたい時は息子に頼みます。
すると息子はこう言うのです。

「ニータン、カーチャンのトコにモドリまチュか!
 ハイでチュ!じゃあ、モドリまチュよ!」

外見に似合わずかわいい息子です。
まだお子ちゃまだったのでチュね!
これが聞きたくて意味もなくワープお願いしたりする。
ムフン。



Wii 『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』  (2006 Nintendo)
THE LEGEND OF ZELDA-Twilight Princess-

陰りの鏡 (トワイライトプリンセス) 

「砂漠の処刑場」スピナー入手。
スピナーは回転しながら空中を移動する乗り物で、壁にレールがあるとそのレールに歯車が絡んで進んで行く。
これは新しい。
右のレールから左のレールへと飛び乗って進んだり、敵にあてたり。
ここでのボス戦もスピナー活用で。
剣を振るよりも楽しいね。

「砂漠の処刑場」クリアして陰りの鏡を見つけるが、割れて1/4しか残っておらず。
落胆するミドナ。
ミドナのために残りの3つの欠片を探しに行こう。
というか行かねば進まない。
「雪深き山」「古の森」「天空」にあるらしい。

次に行くべき場所は「雪深き山」=スノーピーク
スノーピークの入り口で<赤い魚を持った獣人>の絵を渡される。
最近ゾーラの里でよく見かけるらしい獣人。
まずその謎を探るんだな?
ゾーラに聞き込みを開始。
赤い魚とはニオイマスらしい。
ゾーラの里で釣れる、と。
「釣れ」ということだな?
・・・・・・ 
とりあえず2匹釣ってみた。
・・・・・・
(・ω・?)持てませんが?
釣り上げたニオイマスくんはピタピタと足元をはねて、水の中へ戻っていきましたとさ。
・・・・・・
( ?ω?)どうすんべ?




今回スピナーを入手したけど、新しい武器はあとどのくらいある?
ミドナがだんだんかわいく思えてきたよ。


で?
ニオイマスが持てませんが?
釣ってどうしろと?



Wii 『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』  (2006 Nintendo)
THE LEGEND OF ZELDA-Twilight Princess-

価格破壊!マロマート開店 (トワイライトプリンセス) 

カカリコ村のマロのお店がいよいよハイラル城下町に進出ということで行ってきました。
その資金は全てリンクの募金のお陰なのだがね。
ま、いっか。

お目当ては一品限りというマジックアーマー
装備するとルピーを消費する代わりにダメージを受けない。
大量のルピーを消費するのでお金持ちでないと装備できない?

城下町に入るとマロマートの隣で看板も掲げずにゴロン族がひっそりとお店を出していた。
しかも品揃え悪く2品しかないうえ、ちょっと高い。
場所代込みの値段のようだ。
「ニーチャン、買って」と言われたが速攻断る。
やはり安さには勝てない。
後ろ髪をひかれつつ、マロマートへと向かう。

するとお店の前にクツ磨き少年が。
(もしや、ここでクツを磨いてもらうと後々何かえーことがあるサブイベントかもしれない…)
と、やらしい根性が顔を出し、愛想よく「磨いてもらえるかーい?」と10ルピー消費。
………何もなし、か。
現在のおサイフのMAX値は600ルピー。
もちろん今日もおサイフMAX。
キケンがつきものの旅。
いつ何が入用になるかわからないからね。
して、残高590ルピー。
ダイジョブ、ダイジョブ。

マロマート入店。
♪買っちゃいな~買っちゃいな~
 買いたくなったら買っちゃいな~ヘイ!
♪買っちゃうわ~!買っちゃうわ~!
 買いたくなくても買っちゃうわ~!フゥー!

なんてな軽快なリズムに乗せられて、リンクも陽気にスキップしてカウンター前へ。
♪買っちゃうわ~!買っちゃうわ~!
 マジックアーマー買っちゃうわ~!

「マジックアーマー下さいな♪」
「598ルピーでございまぁーす♪」

買えないわ…買えないわ…マジックアーマー買えないわ…。

これか。これだったのか。
クツ磨きなんてしてもらうんじゃなかったよ。
店を出ると、もうクツ磨き少年はいなかった。
…やっぱり、な。



さぁーて。
10ルピー稼ぎに行くですよ(T∇T)



Wii 『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』  (2006 Nintendo)
THE LEGEND OF ZELDA-Twilight Princess-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。