スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リモコン修理 その1 

2日前、急にビデオのリモコンが反応しなくなってしまった。
そのちょっと前まで普通に使えてたのよ。
角度か、角度がいけないのか!
と、あらゆる角度からリモコンを向けてみたり、しまいには本体の受光部にひっつけてみたりしてもダメ。

あ、電池切れか!と思い、新しい電池と交換したが反応なし。
原因は電池ではない、と。
テレビのリモコンも兼ねてて、テレビの操作はできるからリモコン自体が壊れているわけではない、と。
ビデオ操作部の接触が悪いのかなぁ?
いや、そこが悪いんだろうなー。
でもこのリモコン天の邪鬼で時々反応したりするんですわ。

あ、電源入った! →その後もう反応しないし(´ω`;)
お、今度はチャンネルも変えれるぞ!今のうちに見たい番組だけ予約しとこ!
 →送信する時になって反応しなくなるし(´ω`;)

普通の操作は本体からできるけど、予約録画だけはリモコンないと無理だしねぇ。
テレビの操作はこのリモコンではなくテレビ専用のを使用中。
どうせ使えないのなら壊れたところでどーってことないね!
ってことで、さっそく分解してみました。

リモコンケース
リモコンのケース裏表。
上半分がビデオ操作部、下半分がテレビ操作部。
液晶画面がついてて、扉をパカッとして予約録画をするやつです。
ちなみに、Panasonic製ビデオデッキ。1999年モノ。
おおー、すんごい古っ!!でも壊れねー。
ああ…ついにリモコン壊れましたけどね。

電池ケース底にある唯一のネジを外してリモコンをこじ開ける。
案の定、リモコンサイドはキズだらけさ。
たいしてホコリもなくキレイだけど、とりあえず水洗いを。

中身
リモコンの中身。基板とゴム状ボタン。
細かいホコリがついてるゴムボタンも水洗いで超キレイ~。
基板は見たとこ汚れてないけど、一応綿棒でふきふきお掃除。

これだけで直ることもよくあるってことで、ホイホイ組み立て直してみた。
分解する時はすごい大変だけど、はめるのは超簡単だな。

期待を込めてリモコンの電源をPUSH!
………
PUSH!PUSH!PUSH!!
………シーンシーンシーン
(´ω`;)そうきたかー。

いや、まだ大丈夫。めげないぞ。
奥の手がまだあるんだ。
これはきっと通電してないんだ。だからアルミホイルを貼るのだ。
ゴムボタンの基板に接するところにアルミホイルを貼るのだー!

次回、「修理その2 アルミを貼るの巻」へ。


つづく。
スポンサーサイト

コメント

かなり行動的ですね( ´艸`)ムププ
σ( ̄  ̄〃)のリモコンも時々反応しなくなるのですが、そういうときは裏側をバシッと叩くか、床に軽く落とします。すると、あら不思議!また反応するようになりますww

その2に期待してマ━(*´∀`)b━ス!!

いさ虫SCさんへ

結構ね、分解とか好きなんです。
分解したところでまったく理解できないんですけどね(笑)
リモコンペシペシとかボタンをこれでもかとグイグイ押したりね。
でも残念。今回はますます反応しなくなっちゃいました(涙)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mintman2.blog32.fc2.com/tb.php/225-d020bb8c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。